--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.27

日商簿記検定

昨日は簿記検定でしたー。
出来は…どうなんでしょう
合格に必要な知識は持ってるつもりですけど
実際の試験となるとちょっと違うし。
落ちてたらどうしようーー。すっごい不安です
O原の解答速報だと合格点取れてるはずなんですけどねー。
精算表の決算整理仕訳も工程別原価計算の計算も結構合ってたし。
でも
答案に書き間違えてたらどうしよう!!とか
社債の年数数え間違えてたらどうしよう…とか(小心者)
不安いっぱい、自信もちょっと。
そんなかんじです。

詳しい内容に関する感想は続きで

第一問
1、2、3はサービス問題ですね
新株発行、売り上げ割引、法人税の計上。ここは確実に出来てると思います。
4は嫌いな特殊商品売買上に資料の与え方がちょっとめんどくさいなーと思いました。
確実に間違えてます。手数料書いてないし
5も難しい話じゃないんですけど、貸方借方の両方に未処分利益書いちゃいました


第二問
なんだこれーー!!
見たことないよ、こんなの。
自分のとこで発行した社債についてしつこく聞いてくる問題。
(1)では差金の償却額と発行費の残額を同時に聞いてくる辺りかなり狙って引っ掛けてますよね。
(2)も普通に仕訳を聞かれただけならこんなに悩まなかったのになー。①の方に△をちゃんと付けたかあんまり記憶がなくて不安です
(3)16年度末の発行差金は(2)で答えたよ!と思ったら(2)は15年度末ですね。16年の3月だからうっかり間違えてました。
この問題のお陰で(2)の間違いに気づけてよかった。
(4)はちゃんと分かってれば計算楽でした。
引っ掛け部分はともかく、いつも第一問の仕訳とか第三問の決算整理仕訳の有価証券部分が出来てれば解けるのかなー。


第三問
解答用紙に名前書いてる頃から思ったんですが。
やったー精算表だ
決算残高勘定より損益決算書よりも精算表が好きだから嬉しかったですー
一番嫌いな本支店会計は前回出たからでないだろうなーと思ってたんですが。
でも特殊商品売買絡んでましたね
繰越商品欄はやっぱり間違えてました。
お陰で当期純利益欄も間違えてます。
どっちもO原の予想配点箇所ですよ。。
他のところは大体大丈夫かな。書き間違えてなければ。


第四問
工場会計の独立ですね。でもちょっと変な問題…。
上の試算表って勘定科目の為だけにあるんですか?
仕訳の中身との関係が解んなくてちょっと悩みました。
(4)の福利厚生費のところが悩んだかなー。貸方科目なんだろう、て。
(5)は仕訳なしって書いちゃった…。一回正解も書いたのになー。勿体ない
試験後に話した人は本社元帳って書くとこ全部本社って書いちゃったそうです。
それだけで16点違いますよね。


第五問
これもサービス問題ですね。
書き間違いが怖いけど、一応ここは見直したし。


予想得点は78点です。
実際にもこれくらい取れてるといいなぁ。

先生は前回より合格率下がりそうって言ってました。
でも私は11月検定よりも解き易い気がしましたが。
まぁ前回受けたときは弱点克服しきれてなかったしなぁ。
そういう意味だともう一回じっくり勉強する時間が取れてよかったのかなぁ検定前しかやる気出ないし。


解答まだご覧になってない方はどうぞー。
資格の大原 平成18年2月 第112回日商簿記検定 解答速報
なんかO原の回し者みたい。
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://risky777.blog45.fc2.com/tb.php/16-639fe6e9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。